12月22日(木)地域開発ワークショップのお知らせ

ブルー・マーリン・パートナーズの代表取締役の山口揚平です。
師走の候、今年も残すところあと僅かとなりました。
皆さまにおかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

本稿では、私の世界に対する考えと、それに対する弊社の方針をお伝えし、最後に弊社から皆様へのお誘いを添えさせて頂きたく存じます。

さて、昨今のウクライナ戦争、急激な円安、物価高、止まらぬコロナによる先行き不明な中で、いよいよ資本主義中心の生活・経済が行き詰まり、「卒業」を考え始めている人が増えています。私自身、20年以上、キャピタリズムの世界で数々の企業再生や事業創造に明け暮れてきましたが、今は企業価値から地域価値の創造へと、事業もプライベートも大きく舵を切っております。

日本は、成長から成熟へ、富の追求から豊かさの希求へと大きくシフトする分岐点に立っています。
豊かさの文脈の中で、大きな割合を占めるのが「地域開発」というわけです。
私たちの考える地域開発とは、おしゃれなカフェやハコモノやふるさと納税ではありません。

100年先を見据えたグランドデザインの策定から始まり、世界に通用する1,000億規模の産業創出、未成年の孤独や未曾有の人数となる団塊世代の介護、現役世代の予防医療といった健康課題の地域における解決、日本を支える人財の輩出を見据えた新教育システムの導入など包括的・体系的なアプローチを採ります。

さらには地域の自立的発展のための独自通貨の発行やテクノロジーを用いたコミュニティマネジメントの手法も必須です。
もちろんエネルギーのシェアリングなども含まれます。そのためには、先端テックの理解と活用は言わずもがな、ファイナンスやマーケティング知識の適用、そして最低2万年前からの土地の記憶の洗い出しなどが求められます。

そうして行きついた先として、ウェルビーイング、かみくだいて言うならば、大地に根差した人と自然との繋がり、人と人の豊かな関係、個人のすこやかな生活と、自由な生き方の奨励が実現されるというわけです。これは企業価値の追求より数段難しいかもしれません。
人であり自然、原始的かつ近代的、アナログかつデジタル、生活基盤であり産業創造でもある、過去に根差しつつ、未来を創る、こうした対立するものを、地域という空間に統合していくプロセスを経ることが必要不可欠だからです。

今、我々はこうした考えを、共に実現してくれる仲間を必要としています。その為にはまず多くの方に、我々の考えや想いを知って頂きたいと思っています。そこでまず、ごく限られた一部の方をお誘いし、これまでの我々の具体的な活動内容や考えについて、私からオンラインでお伝えする場を設けさせて頂くことに致しました。

弊社の地域開発における、現時点での集大成と考えておりますので、是非ご参加頂けますと大変嬉しく思います。

皆様にお会いできる事を楽しみにしております。
何卒宜しくお願い申し上げます。

山口 拝

オンラインワークショップのご紹介

日時:
2022年12月22日(木)20時〜22時
内容:

  1. なぜ今、「地域開発」なのか?(当社代表プリンシパル 山口揚平より)
    〜 産業と社会の変化。 ボーダレスからヴァーティカルな世界観へ
  2. 「地域開発」において、何を進化させるべきなのか?(当社代表プリンシパル 山口揚平より)
    〜主要KPIから地域の今を紐解く。地域開発のKPIは「地価」から「関係」へ
  3. 地域において私たちはどんな役割を担うべきなのか?
    〜 地域開発の3つのステップ。知的労働も「地産地消」へ
  4. 地域開発の流れを体験する
    〜 ある地域の事例より。グランドデザインから実装・オペレーションまで
  5. 地域創造の五戒
  6. 1000億産業の創出
  7. 地域開発のビジネスモデル
  8. 20の短期施策(クイックヒッツ)

詳細はこちらからご覧ください

12月22日(木)地域開発ワークショップのお知らせ

2022年12月11日 ランダーの打ち上げ及びロケットからの分離を確認。

ブルー・マーリン・パートナーズ株式会社(以下、BMP)が創業時に出資・立ち上げ支援を行った、株式会社ispace(東京都港区、代表取締役:袴田武史、以下、ispace)が、民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」ミッション1において、ispaceが開発するランダー(月着陸船)がSpaceX社のFalcon9により以下の通り打ち上げられ、東京日本橋にあるミッションコントロールセンター(管制室)との安定した通信確立を確認したことを発表しました。

ispaceはミッション1において、打ち上げから着陸までの間に10段階のマイルストーンを設定しており、それぞれに設けたサクセスクライテリアを達成することを目指しています。

ミッション1だけでなく、2025年までに後続するミッション2、アルテミス計画に貢献するミッション3へとフィードバックし、技術と事業モデルの信頼度及び成熟度を商業化に足る水準にまで高めることを計画しています。

* 詳細は、ispaceのリリース(https://ispace-inc.com/jpn/news/?p=4121)をご覧ください

「夢のまた夢」の時代に宇宙産業へ出資

当社は、「2040年に向けて繁栄する、社会的事業の創造」をビジョンとする事業創造ファームです。産業を作り変える新しいパラダイムを持つ会社に出資し、事業創造を行なってきました。
ispaceとの出会いは、2011年。 当時日本では宇宙開発の民間企業がほとんどありませんでした。
そんな時代に、弊社は自動車産業の次のパラダイムとして、ロボティクスや宇宙開発に着目していました。
志を持つ袴田社長との出会いから、会社設立時に出資し、メンバーの一員としてispaceを立ち上げました。

■ 株式会社 ispaceについて
「Expand our planet. Expand our future. 〜人類の生活圏を宇宙に広げ、持続性のある世界へ〜」をビジョンに掲げ、月面資源開発に取り組んでいる宇宙スタートアップ企業。2020年8月までに累計135.5億円の資金調達を実施。日本初民間開発の月着陸船による「月面着陸」と「月面探査」の2つのミッションを行うプログラム「HAKUTO-R」を発表。アメリカSpaceX社のFalcon 9ロケットで2022年と2023年に打ち上げ予定。URL:https://ispace-inc.com/jpn

■ブルー・マーリン・パートナーズ株式会社について
「創造に力を与える」をミッションとし、産業を根っこから作り変える可能性のある事業に出資・ハンズオンで事業経営支援を行なっています。傍ら、新規事業などをテーマとしたコンサルティングを実施。ベンチャー・大企業両面から、産業の創造に寄与しています。URL:https://bluemarl.in/wp

【お問い合わせ先】
事業創造・投資事業部 メールアドレス:info@bluemarl.in

12月22日(木)地域開発ワークショップのお知らせ

NASA CLPSに採択

ブルー・マーリン・パートナーズ株式会社(以下、BMP)が創業時に出資・立ち上げ支援を行った、株式会社ispace(東京都港区、代表取締役:袴田武史、以下、ispace)が、子会社であるispace technologies U.S., inc. (以下ispace U.S.)による商業月面輸送サービス(Commercial Lunar Payload Services, 以下 CLPS)の提案を、アメリカのチャールズ・スターク・ドレイパー研究所(本社:アメリカ・マサチューセッツ州、以下ドレイパー研究所)らとともに、アメリカ航空宇宙局(the National Aeronautics and Space Administration、以下 NASA)へ 行い、この度 NASA に採択されました。

NASA CLPS への提案ではドレイパー研究所が契約主体となり、ispace U.S.のほか、General Atomics Electromagnetic Systems社、Karman Space & Defense社の子会社であるSystima Technologies社が参加しています。本契約はNASAのCLPSタスクオーダーCP-12の達成を目指すものであり、2025年[1]に打ち上げを行い、月面での運用を開始する予定です。

* 詳細は、ispaceのリリース(https://ispace-inc.com/jpn/news/?p=2319)をご覧ください

「夢のまた夢」の時代に宇宙産業へ出資

当社は、「2040年に向けて繁栄する、社会的事業の創造」をビジョンとする事業創造ファームです。産業を作り変える新しいパラダイムを持つ会社に出資し、事業創造を行なってきました。
ispaceとの出会いは、2011年。 当時日本では宇宙開発の民間企業がほとんどありませんでした。
そんな時代に、弊社は自動車産業の次のパラダイムとして、ロボティクスや宇宙開発に着目していました。
志を持つ袴田社長との出会いから、会社設立時に出資し、メンバーの一員としてispaceを立ち上げました。

■ 株式会社 ispaceについて
「Expand our planet. Expand our future. 〜人類の生活圏を宇宙に広げ、持続性のある世界へ〜」をビジョンに掲げ、月面資源開発に取り組んでいる宇宙スタートアップ企業。2020年8月までに累計135.5億円の資金調達を実施。日本初民間開発の月着陸船による「月面着陸」と「月面探査」の2つのミッションを行うプログラム「HAKUTO-R」を発表。アメリカSpaceX社のFalcon 9ロケットで2022年と2023年に打ち上げ予定。URL:https://ispace-inc.com/jpn

■ブルー・マーリン・パートナーズ株式会社について
「創造に力を与える」をミッションとし、産業を根っこから作り変える可能性のある事業に出資・ハンズオンで事業経営支援を行なっています。傍ら、新規事業などをテーマとしたコンサルティングを実施。ベンチャー・大企業両面から、産業の創造に寄与しています。URL:https://bluemarl.in/wp

【お問い合わせ先】
事業創造・投資事業部 メールアドレス:info@bluemarl.in

[1] 2022年7月時点での想定

12月22日(木)地域開発ワークショップのお知らせ

「ValuationMatrix®」に4つの新機能を追加し、リニューアル

ブルー・マーリン・パートナーズ株式会社(以下、BMP)が
自社プロダクトとして展開している「バリュエーションマトリクス」において、直感的な企業価値理解を助ける4機能を新たに実装し、大幅刷新いたしました。
* 本リリースの詳細は、こちら(https://gf-keizoku.studio.site/)をご覧ください

「市民と会社をつなぎ、個人投資家の投資力を高め、より投資活動を活発化させる」

これまでの「ValuationMatrix®」は、IR・有価証券報告書に基づく4つの財務情報(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書、ROIC)をもとに算出した企業価値を「簡単分析グラフ」として表示していました。このたび実装された4つの新機能によって、さらに『直感的』に企業価値を認識でき、投資判断を助ける狙いがあります。

■ジーニアス・ファインダーについて
ファンダメンタルズ投資の基本は、企業の財務状況、経営状況、将来性などの企業が持つ本質的な価値を見抜くことです。これは本格的に行おうとすれば、身につける知識や・技術、分析にかかる時間も多大になります。『ValuationMatrix®』は、企業買収(M&A)の実務で活用される専門知識・ノウハウをもとに企業価値判定アルゴリズムを開発し、誰でも気軽に活用できるよう「シェア」するというコンセプトで運営を行っています。
URL http://valuationmatrix.com/

■ブルー・マーリン・パートナーズ株式会社について
2020~2040年に向けて繁栄する、社会的事業の創造 ブルー・マーリン・パートナーズは、継続的かつ本質的な事業を根っこから創り、次代を拓く事業にしていきます。2040年以降の我が国を考え、超長期の産業の芽を育てるために、アート・医療・農業・金融・宇宙、そして健康と人権を保全する様々なしくみ、地球環境・生態系、そのような分野における恒久性を担保する新しいエコシステムの創生を目指します。

【お問い合わせ先】 ジーニアス・ファインダー事業担当 メールアドレス:info@bluemarl.in