BUSINESS CREATION事業創造 / 事業投資

サービス2:事業創造支援・事業創造投資

ブルー・マーリン・パートナーズでは「創造に力を与える」をミッションに掲げているため、自らも事業創造にコミットしています。これまでに宇宙産業、AI・ロボット等の先端技術企業への事業投資を実行し、ハンズオンでバリューアップを実践しています。さらに2020年から2040年の日本を支えるアニメ産業やグローバル人材育成事業への展開もしています。大きくテーマは異なりますが、これまでに培った事業創造のノウハウを駆使し、イノベーションを起こすスタートアップを支援します。

事業創造の方法論

事業創造に必要な3要素

事業創造には3つの要素が必要です。それは事業シーズ(核となるモノ)、
事業化する人(プロフェッショナル)、エネルギー(資本)。これら3つが有機的に繋がった結果として事業が立ち上がります。

事業創造に必要な6分野

事業創造に必要な3要素に加えて、事業創造には必要なピースが6つあります。
それぞれ一つも欠けてはならず、経営者は俯瞰して統合を進めていくことが求められます。

事業創造メンタリングプログラム

ブルー・マーリン・パートナーズでは事業創造を、事業フェーズ×事業モジュールに分解し体系化。
そのうちの重要な12のシーンで最適なアドバイザーとなる「事業創造メンタリングプログラム」を実施いたします。

フェーズフェーズ 準備期準備期 立ち上げ期立ち上げ期 プロトタイプ開発期プロトタイプ開発期 市場導入期市場導入期 拡大期拡大期 非連続進化期非連続進化期
コンセプトコンセプト プログラム1 プログラム12
プロダクトプロダクト プログラム5
顧客顧客 プログラム6 プログラム7 プログラム9
チームチーム プログラム4 プログラム10
利益方程式利益方程式 プログラム2 プログラム11
ファイナンスファイナンス プログラム3 プログラム8

より詳しい内容を知りたい方は
事業創造メンタリングプログラムの資料請求も承っております。

資料請求する(フォームへ)
/

投資先企業

  • 民間月面探査チーム HAKUTO(ispace inc.)
    google Lunar Xprize「月面操作の国際的レース」を目指す、惑星操作技術の高い民間宇宙開発チームです。超小型・軽量素材の使用にコストを下げ、より多くの解析・実験を行い、スピーディーな開発を可能にします。
    DOCUMENT
  • 海外ビジネス武者修行プログラム(旅武者)
    世界遺産都市ホイアンで学ぶ海外ビジネスインターンシップ事業。大学生向けに、目標・仮説立案から実践による価値創造まで、一連のビジネスサイクルを経験できるプログラムを開催しています。世界で活躍するビジネスリーダーを育成する「株式会社旅武者」が運営しています。
    DOCUMENT
  • ツインエンジン
    クリエイティブとビジネスの両サイドから、パートナー事業者やクリエイターなどと新たな価値を創造し、最適なコンテンツデザインを実現していきます。
    DOCUMENT
  • Quibi Tech
    人型ロボット技術を基盤とした、人が感じる「機微」も理解するテクノロジーと独自サービスを開発する、二人の東大博士によるプロジェクト。IoTデバイスプロダクトの製造からソフト・ハード技術まで、幅広い領域の研究をしています。
    DOCUMENT
  • ブラウンシュガーファースト
    「わが子に食べさせたいかどうか?」を基準に厳選されたオーガニックココナッツオイルを展開。大切な自然を守りながら豊かな食の未来を作ることをポリシーに、「母親目線の商品作り」で、子どもに安心して与えられ、美味しくて食卓を楽しくする食材を提供。
    DOCUMENT
  • シェアーズ
    全世界75,000社の事業カルテで直感的に把握できる「Valuation matrix」、時間販売システム「タイムシェア」、モノと信用を循環させる贈与経済システム「Gift」など、知の流通を目指す創造性の高い事業を展開しています。
    DOCUMENT
  • 新劇団ワールド ホチキス
    脚本家・米山和仁主催、東京発のポップ劇団。「デートに使える演劇」をコンセプトに、物販やアイドルの起用の公演などを仕掛けています。演劇の枠を超えた、劇団の可能性を探るユニークな事業モデルで、デート市場への参入も目指しています。
    DOCUMENT
  • メディアイノベーション
    有名出版社の元執行役員による医療の最新情報インターネットメディアの立ち上げ。新規性のある医療情報×購入できるメディアを構築中。
    DOCUMENT
  • フレントレップ
    これが欲しい、という市井のクリエーターの妄想を実現支援する「わくつく!」を運営しています。運営元のフレントレップはキビテクの子会社で、キビテクの技術力とクラウドファウンディングを活用し、商品化を目指すプロジェクトです。
    DOCUMENT