BMP出資先「日本発の宇宙スタートアップ株式会社ispace」が30億円の資金調達を実施しました。

累計調達の総額は135.5億円に

ブルー・マーリン・パートナーズ株式会社(以下、BMP)が創業時に出資・立ち上げ支援を行った、株式会社ispace(東京都港区、代表取締役:袴田武史、以下、ispace)が、第三者割当増資により、シリーズB投資ラウンドにおいて30億円の資金調達を実施したことをお知らせいたします。
今回の調達により、当社の累計調達金額はシリーズAにおける103.5億円の資金調達と合わせて約135.5億円となります。

ispaceは現在、民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」のパートナーシップ事業およびペイロード事業(月への輸送サービス)を展開しています。ペイロードについては、2022年[1]に実施予定のMission1で用いられるランダーの上部には約30kg[2]のペイロードの搭載が可能であり、顧客から委託された科学探査または実証試験用の機器などを複数月に運ぶ計画です。

* 本調達の詳細は、ispaceのリリース(https://ispace-inc.com/jpn/news/?p=1681)をご覧ください

「夢のまた夢」の時代に宇宙産業へ出資

当社は、「2040年に向けて繁栄する、社会的事業の創造」をビジョンとする事業創造ファームです。産業を作り変える新しいパラダイムを持つ会社に出資し、事業創造を行なってきました。
ispaceとの出会いは、2011年。 当時日本では宇宙開発の民間企業がほとんどありませんでした。
そんな時代に、弊社は自動車産業の次のパラダイムとして、ロボティクスや宇宙開発に着目していました。
志を持つ袴田社長との出会いから、会社設立時に出資し、メンバーの一員としてispaceを立ち上げました。当時は「夢があっていいね」と投資家達に一蹴された企業が、10年経ち、シリーズAで国内過去最高額を調達するまでに成長しました。

■ 株式会社 ispaceについて
「Expand our planet. Expand our future. 〜人類の生活圏を宇宙に広げ、持続性のある世界へ〜」をビジョンに掲げ、月面資源開発に取り組んでいる宇宙スタートアップ企業。2020年8月までに累計135.5億円の資金調達を実施。日本初民間開発の月着陸船による「月面着陸」と「月面探査」の2つのミッションを行うプログラム「HAKUTO-R」を発表。アメリカSpaceX社のFalcon 9ロケットで2022年と2023年に打ち上げ予定。URL:https://ispace-inc.com/jpn

■ブルー・マーリン・パートナーズ株式会社について
「創造に力を与える」をミッションとし、産業を根っこから作り変える可能性のある事業に出資・ハンズオンで事業経営支援を行なっています。傍ら、新規事業などをテーマとしたコンサルティングを実施。ベンチャー・大企業両面から、産業の創造に寄与しています。URL:https://bluemarl.in/

【お問い合わせ先】
事業創造・投資事業部 メールアドレス:info@bluemarl.in

[1] 2020年8月時点での想定
[2] ペイロードのサイズは現時点の想定です。その内一部のペイロードについて顧客に販売することを想定しています。

BMP出資先「日本発の宇宙スタートアップ株式会社ispace」が30億円の資金調達を実施しました。

改ざん耐性・秘匿性・エネルギー効率が担保された次世代ブロックチェーン

ブルー・マーリン・パートナーズ株式会社(以下、BMP)が創業時より出資経営に参画する、ブロックチェーン開発企業ToposWare(トポスウェア)がシードラウンドとして1億9700万円の資金調達を完了しました。

引受先として、マネックスグループ株式会社の松本大社長や株式会社ミクシィの笠原健治会長などのエンジェル投資家、デジタルハリウッド株式会社などの事業会社から第三者割当増資により調達しました。

* 本調達の詳細は、ToposWareのリリース(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000057927.html)をご覧ください。

全てが”記帳”される監視社会へ向けて

当社は、「2040年に向けて繁栄する、社会的事業の創造」をビジョンとする事業創造ファームです。

近い将来実現する全てのデータが取得・記帳され信用が評価される”記帳主義経済”下において、監視社会が到来します。個人が情報を保管し、企業や相手に情報へのアクセスを許可する”情報銀行”のしくみを構築することが重要だと考えています。
ToposWareとともに、監視社会下での個人のプライバシーの担保に寄与してまいります。

■株式会社ToposWareについて
2019年1月創業。「Privacy for everyone」をビジョンに独自のブロックチェーン・プラットフォームを開発するスタートアップ。フランス、パキスタン、日本、中国、米国などを出身地とする暗号学者やソフトウェアエンジニアなどで構成され、東京を拠点として活動。
URL:https://toposware.com

■ブルー・マーリン・パートナーズ株式会社について
「創造に力を与える」をミッションとし、産業を根っこから作り変える可能性のある事業に出資・ハンズオンで事業経営支援を行なっています。傍ら、新規事業などをテーマとしたコンサルティングを実施。ベンチャー・大企業両面から、産業の創造に寄与しています。

【お問い合わせ先】
事業創造・投資事業部 メールアドレス:info@bluemarl.in

BMP出資先「日本発の宇宙スタートアップ株式会社ispace」が30億円の資金調達を実施しました。

AIの限界を人力で補填するロボティクス・システム

ブルー・マーリン・パートナーズ株式会社(以下、BMP)が投資、経営に参画してきた、ロボットの高度自律型遠隔制御システム(HATS)の開発およびロボット用制御ソフトウェアの受託開発を行う株式会社キビテク(本社:東京都品川区 代表取締役:林摩梨花、吉海智晃、以下キビテク)は、株式会社シンク・アイ・ホールディングス、株式会社匠、株式会社ウイルテックを引受先とする、6,840万円の第三者割当増資を実施しました。

キビテクは、さまざまな高難度の業務への自律ロボットの導入を促進するために、自律ロボットに搭載されたAIを遠隔オペレータが効率よくアシストすることで、常識を扱えない、大量の事前知識を必要とする等のAIの課題を克服する「高度自律型遠隔制御システム(Highly Autonomous Teleoperation System)」(以下HATS)の開発を進めています。

* 本調達の詳細は、キビテクのリリース(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000065626.html)をご覧ください

日本が注力すべきロボティクス産業

当社は、「2040年に向けて繁栄する、社会的事業の創造」をビジョンとする事業創造ファームです。日本が注力すべきテーマとして、ロボティクス産業の創生、医療システムの改革、コミュニティインフラの確立を掲げ、出資およびコンサルティングを行ってきました。
キビテクが開発するAIの限界を人力で補填するロボティクス・システムは、労働力不足が叫ばれる日本において今まさに必要なものです。キビテクとともに、ロボティクス産業の活性化に努めてまいります。

■ 株式会社キビテクについて
弊社は、東大の人型ロボット研究室JSK(情報システム工学研究室)出身者を主として2011年に創業した、知能ロボットの開発を行うベンチャー企業です。会社名「キビテク」の「キビ」は心の「機微」を意味しています。当社の得意な技術を通して、未来の世界の人々の心の幸せに貢献することを最も大切にしています。URL:https://qibitech.com/

■ブルー・マーリン・パートナーズ株式会社について
「創造に力を与える」をミッションとし、産業を根っこから作り変える可能性のある事業に出資・ハンズオンで事業経営支援を行なっています。傍ら、新規事業などをテーマとしたコンサルティングを実施。ベンチャー・大企業両面から、産業の創造に寄与しています。URL:https://bluemarl.in/

【お問い合わせ先】
事業創造・投資事業部 メールアドレス:info@bluemarl.in